kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

新年度諸々

更新したつもりでこの前書いた記事が下書きになっていた。
「この時まだ衣替え完了しちゃだめだよ〜。毛布とか頑張って圧縮してもまた開けることになるよ〜。同じくニットすべてを圧縮しちゃったから引き出しの奥底に一枚だけ残ってたユニクロの3Dニットを毎日着ることになるよ〜」とアドバイスしてやりたい。三寒四温は昔からいわれているし、やはり衣替えはゴールデンウィーク明けがよいのかも。あと今日「羅生門」を観て圧倒されました。

-----------------------------

急に夏みたいな気温になったから、先週の体調不良の合間合間に衣替えを進めて今日ほぼ完了した。やることを小分けにしてイメージしておくといろいろなことを先延ばしして「今日も何もできなかった、、」と悔やまなくてよくなる。とりあえずテンション上げるために春夏のお洋服を出す、洗う、冬物はがさっとまとめておいて平日の洗濯のときに少しずつ混ぜて洗って乾かしてまとめておくとか。楽しいことだと体が動くのは人間らしい感じ。

今年の衣替えが大変なのは、花粉症がいつもよりひどかったり黄砂注意のニュースが流れたりで洗濯物を外に干せなかったのが大きい。ブランケットとかー。お風呂場でシーツブランケットソファーカバーなどで布まみれになり、こういうアートが昔どこかであって両親が見に行っていたとか思い出してしまった。とにかくだいたい終わった。今もう布団圧縮袋と格闘する元気がないから冬用羽毛布団は来週くらいに持ち越し。外に出たら桜もあっという間に葉桜ぽくなっていた。

こよみモードを見るまでもなく、最近は「一年経ったね」という会話をよくする。
過去の記事を見るといろいろ書きたくなるけど安倍元首相の「うちで踊ろう」リモコン動画は改めてシュールさがすごい。

緊急事態宣言1ヶ月目 - kate100s’s diary

2度目の緊急事態宣言が解除されたのは先月で、外の人出を見るとこの記事(↓)の「終わったな」という印象を受けるんだけど、ワクチンを打てる目処ははっきりせず、それでいてお花見や歓送迎会などで人の接触が増えたせいか感染者はどんどん増えていて要警戒ぽく、私はまだ当分は警戒する必要がありそう。この前ちょっと熱が出たときも自分の1週間前の行動を全部脳内再生して検証し続けて疲れてしまったし。フライパンはこの後鉄フライパンデビューもしました。

体力に自信のない人が快適な暮らしをするための道具について2 -ステイホーム編 - kate100s’s diary

去年のパンデミック初期はこれ。1年でいろいろ変わった。。
あと2020年はめちゃめちゃSNS時間が増えてしまったけど、その始まりがここだったと思い出した(「時間術大全」読んでアプリ消したけどコロナ情報得るためにまたインストールした)。またアプリ消さなきゃかも。動画と記事を日常的に読むようになって、英語聞くのと読むのがスムーズになった位しかよいことがない。

パンデミックと仕事と表現 - kate100s’s diary

英語といえば、ここ数年はかなり日本以外の作品を中心に観ていた気がするけど唐突に日本映画に興味が移った。しかもクラシックなやつ。「パルプ・フィクション」を見返したあたりから昔好きだった旧作をまた観ようモードになり、小津安二郎のDVD手に入れたりしたんだけどそうしていると黒澤明が気になり成瀬巳喜男が気になりで「女が階段を上る時」を観たらすごく良く、「乱れる」も夢中で観た。なんとNetflixで観られる。

高峰秀子さん、あまり作品を観たことがなかったけどすごい女優さんだなと見とれてしまった。でもよく考えたら去年のどこかで「高峰秀子 おしゃれの流儀」っていうフォトエッセイを買って読んでいました。。久しぶりに行った本屋さんに平積みされていてなんか気になって手に取ったんだけど、今改めてみたら「亀の子ダワシ一つ、私の気に入らないものは、この家には何もありません」という帯に惹かれたんだった。当時は物欲が妙に旺盛だったから共鳴してしまった。今はすっかり落ち着いて平穏な気持ち(私不世出の大女優じゃないし)。。でもこのエッセイはまた読み返したい。お洋服やお家の写真も素敵だけど文章も潔くてかっこよく素敵。

基本まだ自粛モードとはいえ春は新しいことがいろいろとあり、去年よりは少しでも上手に対応して楽しく過ごしたいと思います。情報はたくさん、必要以上にたくさん摂取してるからちゃんと体系だてて理解するようにしたい。