kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

2/4

よんぶんのに。

またこの話の続きです。

kate100s.hatenablog.com

 

ホームホワイトニングの影響で年末年始の過ごし方、かれこれ10年以上繰り返していた習慣が全て変わった2019->2020年の年越し。「年末年始といえばこれ」「これはやっておかないと落ち着かない」なんていうのは思い込みだとよくわかってしまって結構衝撃。頭ぼうっとしてるからちょっとぼんやりした衝撃。

 

まず年末にこんなに寝て過ごしたのが始めてだし大掃除もしなかったし年賀状も書かなかったし大晦日も実家に帰らなかった。すませたのはゴミ出しとふつうの掃除洗濯だけ。元日に家事したくないな、というのはしっかりとあって。

 

晦日とは紅白を見てゆく年くる年を見る日だったけど、確か買い物に行っている間に始まっていて年越し蕎麦を作っている間に半分くらい終わっていた。半分くらい見たけどもうあまり覚えていないかも。実家では新聞に載っている順番とかも見たのに。

家族に「この人誰?」と聞かれて何度も同じこと解説したりがなく、シンプルに楽だった。お風呂に入ってふつうに寝た。この日はホワイトニングもしなかった。年越し蕎麦の汁で着色しそうだし。

 

元旦の朝起きてお雑煮作って食べてまたベッドに向かいそうになるのをこらえて久しぶりにメイクしてパジャマやスウェット以外のお洋服を着た。外は寒いけど気持ちよかった。

 

みんなで集まってお節食べたりおやつ鍋食べたりお年玉とかして、夜遅めに実家を出た。泊まりの準備ないと楽!とても楽!!スマホの充電が危うくなったけど単行本持ってたから余裕だった。「Daring Greatly(原題。日本語で読んでるのに日本語題忘れました。。自分の弱さを認めましょう、っていう本)」をしっかり読んだ。あと少しのところで駅について、せっかくだからカフェで読み切って〜と思ったらどこもお休みだった。そういえば昼間の駅ビルも閉まっていたからケーキを買わずに向かったんだった。

 

元旦といえば初夢で、初夢の日に枕の下に入れるのを書いて寝た。ここは省略しなかったけどどんな夢を見たのか忘れてしまった。

 

次の日の朝ごはんは迷ったけどまたお雑煮にした。前の日がクックパッドのレシピだったからNHKのみんなの今日の料理のレシピ。お餅の残りが少なくなったから一つずつにした。お昼はお汁粉を食べてお茶を飲んでから確かまたホワイトニングした。

その前に、いただいた年賀状を参照しながら返信と、ほかに出そうと思っていた方々への年賀状をさっと書いて午前中にポストに出しに行った。年末に時間に追われながら書くのより爽やかに完了した。注文だけは早くしておくといいかも。

 

ちなみに私の体感では今日が1/3くらいなんだけど今確認したら1/5でびっくりした。。1週間私何してたのー。。

 

1/2:お雑煮食べて年賀状書いてお昼寝してお汁粉食べてホワイトニングしながら寝て

1/3:最後のお餅をフライパンで焼いて大根おろしで食べてお昼寝して(繰り返し)

1/4:!?!?

1/3はお昼寝しつつホワイトニングして映画観に行ったんだった。「パリの恋人たち」は現代の「誠実な男」の方が合ってると思う。映画館で似たようなタイトルの映画をやっていたから、ぎりぎりで劇場に入った時に焦った。渋谷のル・シネマは入場方法がアナログな印象だったけど最近はQRコード認証のチケットレスでスムーズ。映画の感想は美しい俳優さんたちが繰り広げる大人のストーリーについて色々あるんだけど、それはそうとまず髪を伸ばしたくなった。切ったばかりだけど。年末は切りたい切りたい切りたいだったのに本当に気がころころ変わる。。

 

今日はいい感じに2本目のホワイトニング薬剤がなくなった。冷蔵庫に入れるとはいえ開封したのが残ったまま放置は良くないし、、という思いで無理やり昼間に装着していたけどこれで当分やらなくて済む!やった!!とすごい解放感。もう目的も成果もあったもんじゃないし、歯は白くなった気もするし変わらない気もする。※効果は2週間後に出ると言われているので多分変わってない。

 

よかったこととしては色の濃い食べ物や飲み物を飲むと、器を置くやいなや歯磨きをするようになったことで、そういう習慣のきっかけにはなってくれたかも。生活が良くなったかといえばどちらかというとちょっと不便になった気もする。だいたい本来は寝てる間に装着するものだけど、そうすると朝のコーヒーが飲めなくなるからできそうにない。4本中2本がなくなって、だいたい3回(1本)×2という計算だから国民の休日とかを利用して使い切りたい。高い授業料だったな。。

 

お正月休み一番の想定外は、私がしっかり見る数少ないスポーツである箱根駅伝が終わっていたこと。一瞬も見なかった。子供の頃から見ていたあの熱量はなんだったんだろう。きっかけはおばあちゃんが駅伝好きで、おばあちゃんとお話しするために見始めたんだけどその後もずっと毎年見ていた。私の母校は参加してないから、その年その年のスター選手がいる学校を応援する感じで。東洋大学の柏原選手とか。

そういうと「あ、陸上好きなんだ!」とふつうの大会に誘われたりするけどそこまで興味はないし、オリンピックですらあまり見ない。箱根駅伝ファン!?東京マラソンとかも見過ごしていた。

 

でもそれが本当に、2日間一度も見なかったし結果もよくわからない。SNSも見てるのに頭に入ってこない。まだちゃんと分析できていないけど、実家内コンテンツっていう枠があるのかも。紅白とか駅伝の日は毎年ほぼ実家にいたから。自分が好きなものしか見ないっていう傾向は自覚していたけど、去年まで好きで見ていたと思っていたのにそうでもなかったのかな。。謎。代わりにというか、「ブロークン 危険な商品」っていう偽造化粧品のドキュメンタリーをNetflixで見ていた。怖いけど面白かった。。「家族を想うとき」といい、Amazonがあらゆる意味で危険に思える。

 

もうしばらくは色のある食べ物/白い食べ物にこだわらなくていいと思うとほっとする。食事制限本当ーーーーーーーーーーーーに嫌だったな。心なしか食が細くなった気がする。とにかく気力がなくなる。ただでさえ弱々しいのに困る。それにしても1/5ってもう普通の週末。明日からはふつうに飲んで食べて元気を取り戻したい。お味噌汁飲みたい!欲求を知るためにはいったん断ってみるのが分かりやすいのかも。箱根駅伝については去年まで何が魅力か延々と語っていた(案外通しで見ている人は限られてる印象)から狐につままれた気分です。映画に関してはソファで横になって見ていたツイッターで上映を知り瞬時に席予約してパジャマから着替えて向かったので多分本当に好き。グザヴィエ・ドランの新作とか「若草物語」とか今年も観たい作品がいっぱいで楽しみです。