kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

案外幸福

今日は19時過ぎに会社を出られた。鬼おろし器が届いたから大根と、切らしていたヤクルトを買う。洋梨も買おうとしたけど家にあることに気づいてやめ、スーパーの外に出たらコートなしの大判ストールだけで寒くなくて雨も降っておらず唐突に「あ、今幸せだな」と思った。

 

やりたいけど出来ていないこと、解決しなきゃいけない課題、色々山積みのまま2019年の残りがあと2ヶ月。焦るはずがなぜか幸福というか充実というかいい気分だった。今朝は起きるのにやっとだったし出社してからも体が重く、よろよろしながら会議室に移動してたんだけど。。

 

「Frozen/アナと雪の女王」の「Let it go」じゃないけど、「寒くない」っていうのは私にとってものすごく大事なことなんだと改めて。「寒くない」のほかには「お腹が空いていない(もしくはちょうどよくお腹が空いていてもうすぐ食べられる)」「眠くない(もしくは程よい眠気であと数ページ本を読んだら寝落ちするしベッドの中)」とか、結局は三大欲求系。流行りの「承認欲求」とかもなくはないんだけど、そのために寝食を忘れたいとはぜっっったいに思わない。長い時間をかけて何かを達成した後とかじゃなく、瞬間瞬間の幸せしかはっきり認識できないのかも。刹那的か。。大成しなくてもちょくちょく幸せは感じられるのはいいことだけど、そんな中一つ嫌なことがあるととことん嫌になるのが難点。ここはうまくやり過ごしたいところ。

 

鬼おろしはコツが必要で、怪力は必要ないけど私の愛するオクソー の大根おろし器ほどは楽じゃなかった。レビューを読み込んだおかげで受け皿は要らないとかその通りだったけど大きさは想定外だったな。本当に数字を読まないな。。キッチン奥の壁に吊るす方向で解決したけど、ソファからもくっきり見えるこの「鬼おろし」っていうフォントのインパクトすごい。正直なところ今日のメニューは鬼おろしをちょっと煮るのだったから、ふつうにすりおろした大根おろしと食感の違いがそれほど分からなかった。この前和食屋さんで食べた唐揚げに鬼おろしをかけるのを週末やりたい。

 

幸福といえばクローゼットの引き出しに仕切りをつけたことのインパクトが大きい。取り出すのが簡単なのはもちろん、毎朝ちゃんと全アイテムを見ながらコーディネートを考えてインナーや靴下を選べるようになって楽しい。味をしめたのでキッチンの引き出しも無印のケースでなんとかしたい。こういうのをiPhoneで調べていたらauから低速のご案内が届いてしまったけど、きっとすっきりしまえるようになったら「何故もっと早く!」って思うんだろうな。

 

今ヨギティーのベッドタイムを飲んでいて、気分に合わせてお茶を選ぶというのもできるようになったと気づく。ご飯を食べ終わると「今日は麦茶でいい」とか「緑茶淹れよう」とか「コーヒーだな」とか「チャイでしょう」とか、だんだん迷いがなくなってきた。やっぱりメイクでもなんでも数年くらいやるとようやく気持ちと行動がリンクしてくるというか、選ぶ感覚が身につくんだな。。飲み物の幅が広がった。上に、美味しいうちに飲み切りたいから闇雲に買わなくなった。これが「適正なストックの数がわかる」感覚かも。ベッドタイム、抽出時間7分って嘘でしょ?と疑いがら淹れたけどちゃんと美味しくて良かった。

 

ぼうっとすると昨日観た「ホテル・ムンバイ」の少年の顔が鮮明に思い浮かんでしまう。「スラムドッグミリオネア」出演者と「君の名前で僕を呼んで」出演者が出ていたことは、映画を観終わったあと調べていて分かった。とにかく息を止めて見る時間がとても長くて、その疲れが今日午前中に出たのかも。私はタージマハールホテルで逃げ回っていないんだけど。そういう意味では「ダンケルク」感。

歴史と宗教についてちゃんと知っておかないと。地理についても。なんといっても走れるようにならないと。信頼できるパートナーを見つけないと。2つ以上の言語を話せないと。「勉強の哲学」もそうだけど、勉強は自分を守るため、生きのびるために必要なんだと思った。お父さんに電話して「お金もらった?」と聞いた少年は、少しの働きかけで違う人生があったんじゃないかと悲しい。「15時17分、パリ行き」とはまた違った切り口の映画だった。シッターのサリーに一番感動したな。優しくて強くて聡明。私は泣いてしまう赤ちゃんをちゃんと守れるかな、とずっと考えている。ホテル職員、地元警察の方々の勇気と献身に感動はした一方で、特殊警察が到着するまでの時間の長さに本当に打ちのめされた。

 

幸せな時間が一瞬で奪われることはもちろんあるんだろうけど、だからといって投げやりに過ごしていいことは一つもないし、心地よさを自分で責任を持って少しずつ追求していくしかない。超緊縮もそう。10月は頑張ったけどだからといって11月からは解禁!にしちゃうと意味がなく、今度は続けるフェーズになる。とりあえず年内は引き続き緊縮と家の中も中、引き出しや戸棚の中の整理に注力していきたいと思います。