kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

春の準備は桃の花から

昨日はとても頭を使ったから今日は体を動かそうと朝からピラティスのクラスに行ってきた。寒い寒い寒い暖房加湿器ダウンコートカシミアスールあったかいお茶サーモスステンレスマグ入浴剤、、、ってエンドレスに思えた冬がいつの間にか終わりかけみたい。外に出ると吹く風は完全に春っぽくて戸惑ってしまう。

 

10分に一回くらいくしゃみがでる。レッスン中もどの体勢でもでてしまい先生に心配されてしまった。鼻水もだけど今日はくしゃみの日。花粉症が本格的に始まった。インフルエンザ予防に買い込んだマスクだけど、これからは花粉ガード。ドラッグストアでIHADAの花粉ブロックスプレーも買ってきた。効くといいな。

 

昨日は朝からきっちり家事もしたから家がきれい。ブラーバちゃんが水拭きを頑張ってくれたので床もさらさら気持ちいい。ヨガウエアを洗濯しながらお昼寝をした。予定よりだいぶ長く寝てしまったけど、暗くなる少し前には買い物に出かけた。せっかく寒さも和らいだし、久しぶりにちょっと遠くの大きなスーパーに行くことにした。

 

入り口で早速立ち止まる。「桃の節句」「ひな祭り」のPOP。2月最終週ってことはもうすぐ3月だから当然なんだけど、時間が経つのはいつも本当に早い。ひな祭りの桃の花束を最初にかごに入れた。

 

野菜売り場を見るといつもわくわくする。普段行く近所のスーパーは野菜コーナーがとても小さくて、必需品みたいな野菜しか置いていない。この時期はさすがに菜の花はあるけどそのくらい。野菜売り場の手前にはいちごコーナーがあって、なんと6種類のいちごが並んでいた。とちおとめ、あまおう、さがほのか、、の他にスカイベリーがあって、あ!これ去年のいちご狩りで美味しかったやつ!と懐かしかった。780円。買えない。農場でたくさん食べておいてよかった。とちおとめを1パックかごに入れた。

 

野菜も、地元農家からの採れたてコーナーとか、サラダコーナーとか豊富で、普段はレタスきゅうりベビーリーフ、の中から選んでるからつい買いすぎてしまう。サラダほうれん草。チコリ。暖かくなったからかサラダをたくさん食べたくなる。

 

きのこコーナー、キャベツ白菜大根コーナーを過ぎてズッキーニとか長芋コーナーに着くと「つぼみな」が「期間限定。福岡県直送」のシール付きで置いてある。菜の花と一緒に手に取った。天ぷらがいいらしい。

 

お魚コーナーで美味しそうなブリを見てこの前聞いた「チョコブリ」の話を思い出し、お肉を何にしようか迷い、ちょっといい生ハムもかごに入れて、レジ前の長蛇の列に並んだ。途中とても小さな使い切り用の生クリームもかごに入れる。これ近所でも売って欲しいな。。

 

いちごとか、お花とか、別の袋に入れるものを多く買ってしまったので文字通り手一杯な感じでお店を出た。左右のバランスをとりながら10分以上ノンストップで歩いて、信号でふと顔を上げたら空がものすごく綺麗で目を見開いてしまった。

 

別に雲ひとつないとかそういうんじゃなくて、青い部分はざっと半分くらいの雲のかかった空なんだけど、吸い込まれそうに綺麗で驚く。周りの人も同じくらい驚いているかというとそんなことはなく、みんなふつうに隣の人と話したり信号を凝視したりスマホを見ている。

 

空は多分いつもそこにあって、だいたい綺麗なはずなのにごくたまにこうやってハッとするのはなんなんだろうと考える。「パターソン」っていう映画を観た後に空がとても綺麗に見えて思わず屋上に行って写真を撮った、みたいなことを去年書いたはずなんだけど、多分1年前。雨の日を除いたとしても相当な日数見ている空なのに、1年に一回しかハッとしていないことになる。

 

振り返ると最近の私はやりたくないけどやらなきゃいけないことみたいなのが一段落して、やりたいことに時間を使っている。簡単にはできないこともあるけど、やりたくないことはどんどん圧縮できるようになってストレスが減った。なんかそういう、いい感じに過ごしている実感があると、同じものを見ても素敵に見えるのかも。この感じで桜を見たらすごく感動するんだろうな。

 

下から上まで全部しっかりとめていたダウンコートのボタンを、気づけば一つもとめなくなった。ストールを忘れることが増えた。マスクは必須。シーツはもう外に干せない。いいことと困ることがごちゃまぜにやってくるのが春で、一旦近づいてくるとあっという間に終わってしまうから心して臨まないといけない。諸々の対策を万全にして、体調を万全に楽しみたいと思います。