kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

バレンシアガでミニマルライフ、するはず

「あー、ミニ財布ですね!うちの妻も年末に買ったみたいで。”週末用なの”って言ってたけどキッチンのカウンターにずっと転がってますね笑」

 

美容師さんの話を笑いながら聞いていたのに、1ヶ月後のうちで全く同じことが起きていて愕然としている。休日は鞄を小さく。だからお財布も小さく。毎日は無理でも週末なら。完璧な計画だったはずなのに、休日用のお財布にカードや現金を移す、っていうのができない。来週やろう、来週やろうって思っていたらいつの間にかキッチンカウンターの風景と化してしまった。

 

それどころか、週末に急にルミネで必要なものを買うことになったとき、「いつものお財布を持っていてよかった!危なかった!(ルミネカードとショップカードが入っているから)」とすら思ってしまった。

 

センスのいい同僚が小さなクリアケースをポーチとして使っていて、中身は携帯とリップのみで、潔くて素敵だった。鞄からそれらを探すのが面倒くさいから本当に必要なものを抽出したという。やってみたいけどポーチもお財布も普通よりちょっと大きくなってしまう私にはあのペタンコのケースにまとめるのはハードルが高い。。

 

バイマの方がイギリスから早々に発送してくださったバレンシアガのお財布は冗談みたいに小さくて、インターネットで買ってよかったと思った。店頭で見かけたら絶対に買う勇気が出ない。手の中にすっぽり入るサイズで、カウンターに置いてあっても全く気にならない。

 

せっかく買ったから使わなきゃなんだけど、本当に数枚のカードと少しの現金しか入らないから中身を吟味する必要がある。例えば今日のお出かけは食料品の買い物とかなんだけど、そのためにお財布を入れ替えるのか、、とか考え出すともう無理。小さすぎて落としたらどうしようとか余計な心配まで生まれる。

 

カードだけ決済でも生活はできるんだろうけど、スーパーとコンビニではなんとなく現金を使ってしまう。思い切ってカードだけ入れて外出してみようかな。

 

買い物には、買ってすぐ活用するものと、しばらく寝かしていたら突如活躍しだすものがあって、このミニ財布は後者だと思いたい。ブラーバちゃんは今その瀬戸際で、買ってすぐに使っているんだけど、めっちゃ時間のかかる乾拭き(わりときれいになった)→時間のかかる水拭き(とてもきれいになったけどリビングで力尽きた)→水拭きモードだと後退しかしてくれない→乾拭きになったら俄然やる気でスピーディーに掃除完了(そこそこきれい)っていう変遷。水拭きでスピーディに全体を掃除してくれるにはどのくらいかかるんだろう。ただの家電じゃなくロボットだからだんだん馴染んでくるのかな。。「ブラーバ 水拭き」で検索するとみんなの家では快調に掃除しているみたいなんだけどな。

 

ブラーバちゃんを導入して一番よかったことは、完全に床の物をどかしてから全部屋を掃除する習慣ができたことかも。マキタをかけるにも、物をどかしながらよりも全床を一気にかける方が圧倒的にスムーズ。次に考えるのはそもそも物がなければ、なんだけど、今はまだどれも必要な気がして捨てられない。空気清浄機にキャスターを付けた人の気持ちがよくわかる。。あと1ヶ月くらい経ったら床をブラーバ仕様にすることが習慣化して、毎朝セットして出かけられるかも。憧れの「常に床に髪の毛がない状態」で暮らせる。盛り上がってきたけど、冷静に考えると毎朝自力でマキタ or クイックルワイパーかける方が簡単な気もしていてそこは様子見。