kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

ブラーバちゃんと共存してみた

少し前に愚痴ばかり書いてしまったけど案外うまくやっています。水拭きを代わりにやってくれるの嬉しい❤︎ 水拭き用ふきんが真っ黒で衝撃❤︎ 今日横目で見ていた限りではリビングだけで力尽きてたけどキッチンとか寝室とかも拭いたらどうなるのかな。充電が切れて、再充電には2時間かかり、、、という要件を熟考して他の部屋は掃除機はかけたしいいことにした。今日は他にもやることがあった。

 

これは分かっていつつ実行せずにいたんだけど、ブラーバちゃん(ルンバもかな?)を活用するにはとにかく【床の上を全部あけてから作動させる】に尽きる。ブラーバちゃんの行く先々で物を上に上げると絶対追いつかないし、進行方向に不満ばかり募る。今日は思い切って全部屋のものを上げてからタンクに水を入れて水拭きスイッチを入れた。洗面所の物はお風呂の中に避難、キッチンのゴミ箱は玄関先に避難、加湿器空気清浄機はカウンター。前提としてカウンターに物が置いてあると成立しないから必然的にいつも表面はすっきりさせておかなきゃいけない。

 

そうするとブラーバちゃんの自由な動きに前ほどいらいらしないし付いてまわる必要もなくなる。ちょうどお昼どきだしお昼ご飯を作ろう、っていう気になって「床はきれい。お腹もいっぱい」というとても生産的な時間。オリーブを刻んでにんにく、アンチョビ、鷹の爪とトマトを煮込んで娼婦風パスタを作りました。

 

午後から出かけると外はとても寒かった。雪が降りそうだったのでストールと折り畳み傘を鞄に入れ、今年初ロングブーツを履いた。Office2008がもう使えないっていうエラーメッセージをしばらく無視していたけど、ついに立ちあがらなくなってしまったので買うことにした。

 

っていっても、2008はMBA、もしくはその前に使っていたふつうのMacBookを買った時にプレインストールしてもらったし、自力でソフトを買うのは初めてだからハードルが高かった。こんな時に偽物とか買っちゃったらすごくヘコみそうだから迷わず Appleのサイトで買った。安いのと高いのがあって、安いのはStudentって書いてあったから遠慮しかけたけどFamilyとも書いてあって、恐る恐るそっちを買うことにした。

 

親切なことに、配送もできるけどApple Storeで受け取るとお手伝いしますよ、的なメッセージが出てきたのでストアで受け取るを選んだ。そこからは何もかもがメールで進んだ。店頭で表示させてね、という番号を受け取り、ストアに向かった。

 

Apple Storeはいつものように混んでいて、いつものように誰が店員さんか分からない。1周したら用件を聞いてくれたお姉さんがいて、メールを見せると端の方に案内してくれた。サービスカウンターのフロアに行くと座れるけど混んでるから待つ、ここ(大きなMacが置いてあるところ)でインストールするならすぐ、と聞かれてMac横を選んだ。Officeは小さな箱でやってきて、CDとかじゃないんだ、この箱の中に入っているコード(番号)を入力してクラウドからインストールするんだ、と説明される。家でやらなくてよかった。。

 

Officeアカウントを作り、いろいろな数字やメールアドレスやパスワードを入力し、ダウンロードが始まった。そこから5分ほどお姉さんが便利なアプリや新しいiPhoneの売り込みをしていて、私ははいはいと聞いてたんだけど、「もう少しですからね」「もう少しですからね」という感覚がどんどん短くなってきて、「iPhoneで写真を撮ることはありますか?」と急に聞かれて「はい」と答えると、2階でiPhoneの写真の撮り方講座がまさに今から始まる。どうせ待つなら2階で楽しく待ちませんかと勧められ、2階に連れていかれた。

 

講座には既に5人が座っていて、夫婦、友人同士、旅行客でApple製品を買ったばかりの男性、ふつうの男性というメンバーだった。

 

「さあみなさん」

ノリノリなジーニアスがiPhoneで良い写真を撮る方法を教えてくれる。教えてくれるんだけどそこはAppleだけにインタラクティブ性が高く、質問をされたりリアクションを期待されたりでちょっと荷が重かった。ダウンロードの%ばかりを見てしまい、とはいえカメラ画面にグリッドを出す方法とか、四隅のどこかに目を配置するといいとか、起動画面をスワイプするとカメラがすぐに作動するとか、そんなことを教えてもらった。「わー」「すごいですねー」とか言い合って平和だった。

 

「それではみなさん、お隣同士で写真を撮りあってみてください」と言われるまでは。

 

旅行客っぽい人も途端に画面から顔を上げなくなり、私もデスクトップ画面を意味なく拡大したり縮小したりした。イメージは日本語が通じない人。間に挟まれた男性は「グリッドかぁ」とか言いながら撮りたそうにしていたけどここは譲れない。幸運なことにダウンロードが完了した。お姉さんをキョロキョロと探し、インストールを開始してもらう。あと少し。あと少しで席を立てる。みんなは取り合った写真を加工したりしている。誰かが撮った写真は見事な構図でメンバー全員が写っており、自分が図抜けてつまらなそうな顔をしていることにびっくりした。よく飲み会で「つまらなそうな顔」「帰りたいの?」って聞かれる理由がよくわかった。写真すごい。

 

インストールが無事に終わってワードもエクセルもパワポも開いた。お姉さんが親指を立てて完了です!と言ってくれたので秒で充電を外しMBAをケースに入れて席を立った。コートも脱いでなかった。感じ悪いな。。

 

ソフトの操作で困ることはないんだけど、デスクトップ画面にワードエクセルパワポのアイコンが2つずつあるのがちょっと気になる。インストール操作後のお姉さんみたいに「これはもういらなーい」「これもー」ってさくさくとショートカットキーを駆使してゴミ箱に入れてみたいけど、いくら新しいのがあるからって古いソフトを消していのかどうか自信が持てず、とりあえず残すことにした。アイコンが全然違うから間違えないし。

 

他の用も済ませてさっき帰宅し、三連休にやることリストを次々と消すことができてすっきりした。一つだけ済んでいない項目があって、「23時までに寝る」なんだけど今からこれを実現させるのはとても難しく、なんで今日はこんなに長々と書いてしまったんだろう、「知らない人と写真を撮り合ってください」のインパクトっていうかストレスものすごいなって感心してしまう。