kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

100万円の正しい使い方

会社向けのネイルを乾かしていていよいよお正月休みが終わってしまう。晴れやかな場所で新年会をして帰り際に「明日から、、」と言い出した友達を真剣に制止してしまった。つらい。。

 

100万円もらえたら何に使うかってすごく夢のある話だと思うんだけど、私はちょっと考えたらすぐに現実的な使い道がいくつも見つかって想像上の100万円はあっという間になくなってしまった。早速明日から虫歯を治してセラミックの型を取って〜っていう10万円+コースだし、運が悪ければ神経を取るための顕微鏡手術で更に更にだし、細々とセールで買っているものの支払いとか、年末に財形貯蓄を下ろさなきゃかも、って書類を申請していたのも思い出した。余ったら憧れの歯のホワイトニングとかやってみたいけどこれもなんか夢がないな。。

 

私がメルカリ(売る方)とゾゾタウン(売る方)の振込日程を必死に調べているのをみて、母親が「保険が下りたから、、」と台風被害への見舞い金を返してくれた。断れないところが格好悪すぎなんだけどありがたく受け取った。うちにあるのと同じ加湿器が欲しいというのでamazonで注文したんだけど、その代金もきっかり受け取ってしまって面目がないとはこのことかも。帰宅してすぐに昨日まで使っていたお財布の売り先を吟味したし、ついでに飽きてきたアクセサリーの中で売れそうなものものを検索して出品を決めた。

 

カードのポイントでもらった年末ジャンボ宝くじの結果をまだ見られないでいる。半分は面倒臭いからで、半分は落選していたらがっかりするから。早く売り場に持って行って確認すればいいんだけど。

 

宝くじといえば昔習い事で知り合ったマダムに聞いた「宝くじに当選したら黙っていろというのは間違い。当選金額の1/10を周囲に言うのがベター」という教えがあって、未だに一度も実践できていない。彼女は100万円当たったことがあるけど家族には10万円当たったと伝えて10万円当たった感じでおすそ分けをしたそう。こうすると妬まれもしないしお祝いしてもらえるしお金も安全にキープできるそう。賢い。90万円を何に使ったか聞いたような気もするけど忘れてしまった。

 

今日はベイクルーズのサイトで買ったイエナのニット(セール)とゾゾ経由で買ったシンゾーンのスカート(セール)を着ていて褒められてうれしかったんだけど、内心っていうか服の中では大変なことが起きていた。ネットの画像でかわいい❤︎と思って買った下着が左右のリボンを自分で結ぶ形式で、気分はまるでふんどし。ふんどし履いたことないけど。洗濯が終わった状態でぎょっとして、え、これ私が結ぶの?って引いてしまってお蔵入りしかけていたのを休日なので履いてみた。ネットで買い物をした経験上トップ3に入るくらいの事件だと思う。トイレに行くたびに気が気じゃないしデザイナーさんももう少し考えてほしい。。何結びが正解なのかもわからないし、謎の緊張感があっていいけど。

 

お正月休みのヒットは、近所のスーパーで400円くらいで売られていたお花が案外長持ちして、しかもセールになっていたやつなのに年末年始をサバイブしていること。同じコーナーにあったものを昨日買い足した。部屋がすっきりしていると自然と絵とかお花に目がいくので精神衛生上とてもいい。

 

絵!プリントとかじゃなくてちゃんとした絵!100万円の正しい使い方ってセラミックの歯でもホワイトニングでもなく絵とかアートなのかも。前澤氏だけに。例えば奈良美智の絵がいくらなのか、小さいのなら買えるのか、見当もつかないので明日の出社時に調べてみようと思います。皮算用もはなはだしいけど今日本中にこういうことをしている人がいると思うとちょっと楽しい。