kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

トマトソースを使いたかった

何をどう検索した結果か分からないけどたどり着いたブログがあって、主に住まいについて書いてあったんだけど衝撃的な写真が載っていた。

 

「今はシンプル・ライフを実践している私ですが昔は汚部屋の住人で」、みたいな解説の後に出てきた写真が、<閲覧注意>の注釈の後に出てきた写真が、まさにうちのキッチンとリビングみたいだった。

 

そんなに鮮明な写真じゃなかったけど、ガス台の横の壁に大小ふたつのフライパンがぶら下がっているのとか、オリーブオイルやごま油が整列しているのとか、リビングに本がぎっしりなのとか。。ほんと似ててびっくり。

 

一時期はミニマリストの方の暮らしに憧れて極端にものを減らした時期もあったけど、フライパンをかけるようにしてからかなり快適だったし、本棚もやっぱりあったほうがいいなと思ったし、徐々にものが増えてきていた。リバウンドっていうほどじゃないけど徐々に徐々に。

 

改めてキッチンを精査する。とにかくものがカウンター上に出ているという状態がよくないらしいので、なんとかしまえないかを考えた。

 

必死に考えるとなんとか答えは見つかるもので、もうスペースがない風なガス台下の引き出しに賞味期限の切れた缶類があって、いつか捨てなきゃと思っていたことを思い出した。

 

賞味期限2016, 2015とかはまだいいほうで、2012とかもあった。少しだけ、非常事態になったら食べるかも?と思っていたんだけど甘かった。賞味期限が5年を過ぎた缶の中身は、スープだったものがガリガリした固形物に変わってたりした。こんなものを食べて食中毒になって非常時の医療機関に迷惑をかけずに済んでよかった。

 

缶詰めをうまく使える人が料理上手❤︎みたいな思い込みがあって、中でもトマト缶への憧れは強く、お得なものをカルディやネットでつい買ってしまっていた。賞味期限の切れっぷりが示すとおり、私はトマト缶を使った料理よりフレッシュトマト至上主義なのに。

 

ホールトマト、ダイストマト、トマトソース、トマト&バジル、、、買ったときはこれで賢く素敵な料理を作ろう!と意気込んでいたのに活用できなかった。食べ物を無駄にしないよう、そろそろ自分の特性を受け入れたほうがいい。

・トマト缶が苦手
 →常備しなきゃという思い込みを捨て、フレッシュトマトを切らさないようにする

・缶詰めの食べ物がそもそも苦手
 →缶つまとかも賞味期限が切れてしまった。アンチョビはチューブで冷蔵庫に保存

・ツナ缶とコーン缶は活用できるから買い置きして大丈夫

・電子レンジが苦手→蒸し器を活用する

・冷凍食品が苦手→冷凍うどん以外買わない。家で炊いた白米の冷凍はする

・レトルトのスープ類が苦手→買わない。クノールが賞味期限切れってどうなの。。

・作り置きが苦手

 →食べたいものが日々変わるタイプなので、どんなに賢くてお得で楽で〜と
 言われてもあきらめる。「作り置きの教科書」みたいなのももう買わない。

 

そんな感じでけっこうな量の缶詰めを開けては捨て開けては捨てて、引き出しにスペースができた。フライパンが入った。背が低めの調味料(ナンプラーとか鶏ガラスープの素とか振りかける用の小麦粉とかベーキングパウダーとか)も入った。上の段の空いたスペースに小麦粉、片栗粉、お砂糖、お塩がすっと入って感動した。

 

そうなるとサランラップやアルミホイルもなんで外に出てるんだっけ?と違和感を感じて引き出しにしまった。すぐに取りたいキッチンペーパーとオリーブオイルとごま油とブラックペッパーだけ出してあるけどこれもそのうちしまえるかもしれない。

 

本棚についてはまだ保留で、あっという間に増える本をどうしたらいいのかまだ答えは出ない。Kindleも買ったけどやっぱり紙の本が好きだし、電子化して後悔した本もあったし。年末年始でゆっくり考えようと思う。

 

キッチンをすっきりさせたら洗面所もちょっとしたことが気になって捨てたりしまったりした。ティッシュ、歯ブラシ、クレンジングオイル、洗顔石鹸、キレイキレイ、アヴェヌ、ドライアー置きっぱなしもよくないのかもしれない。。友達の家にいくと、きれいに畳まれたタオル群とハンドソープしかないケースもあるし。来年の目標は表面にものを出さないにしてみようかな(なるべく)。

 

リビングで一個だけ進化がある。海外で買ってきたぬいぐるみ風のオルゴールを処分することにした。自分自身が好きか嫌いかはよくわからないんだけど、こういうものを置いておくのが素敵なのかな、という打算で置いていた気がした。思い切って捨ててみることにした。これでお花を置いても「どこにあった?」ってならなさそう。家は一生かけて整えていくものだから、少しずつ気長に取り組んでいきたいと思います。それにしても分かりやすく成果がでることって精神衛生上とてもよいです。