kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

課金だけが方法じゃないのかも

最近ストレッチに通っていて、いろいろと目から鱗なことが多くて毎日が新鮮。

 

なんかだるい疲れた首肩の疲れ〜みたいなとき、普段はマッサージか鍼に行っていた。症状の程度によって使い分ける感じ。どれもそれなりに効果はあるけどお金もかかるし一定期間を置いて、ひどくなったら駆け込む、というあまりよくない利用法だった。「ひどくなる前に定期的に予防を」と言われてそのときはそうだな、と思うんだけどつい忘れてしまう。

 

この前も寝ても寝ても体がダル重で耐え切れずにマッサージに行くことにした、というかなんとなく午前中行けなかったピラティスの代わり、と思ってストレッチの方にした。タイ古式マッサージみたいなのを想像しながら。

 

行ってみるとだいぶ違う。お店に活気があって、音楽ががんがん鳴ってて最初は帰りたくなった。心なしかガタイのいい人が多い気がしたし、そういうところで私はひどく萎縮してしまう。ゴールドジムに行ったときの記憶が蘇って挙動不審になる。

 

ハツラツとしたお姉さんが担当してくれ、淀みなくあふれでる身体についてのお話を聞きながら全身をほぐしていただいた。途中たくさんの写真を撮って、状態を一緒に確認しながら。っていうか最近妊婦さんに間違えられがちなのこのせいだわー。姿勢悪すぎだわーというのが一目瞭然だった。そういうのを改善していきましょう、ピラティスもいいですね、というように終わったのが一回目。途中からすでに眠くて、帰り道も眠くて、その日は身体の力がいい感じに抜けていて久しぶりにぐっすり眠った。

 

二回目は違うお兄さんが担当で、今回は状態の確認よりストレッチの時間がほとんどだった。「前回お話したストレッチとトレーニングは実施されました?」と聞かれて初めてそんなやりとりがあったことを思い出した。調子よく「えー?そんなのだけでいいんですかー?やりますやります!!」とか言っていたくせに一度もやらなかった。

 

ゴールイメージの話になって、筋肉をつけてメリハリのある体型になりたい、妊婦さんぽくない立ち方、お洋服が左にずれる感じが嫌で直したい、みたいに脈絡なくお伝えする。どれも「いいですね、いいですね」と認めてくれた。

「筋トレ、やると本当にいいと思いますよ。ベースが細いのでこれからいくらでも好きなように筋肉つけられますよ!姿勢も体型も確実に変わってきます!」

と爽やかに言ってもらってびっくりした。今まで、いろいろな所で姿勢の改善や体型について相談すると「そもそも脂肪がないから難しい」とばかり言われて、道のりは遠いんだ、、、とやる気を失っていた。言い訳だけど。

 

「筋トレってどこから始めていいかわからなくて、、、やっぱりジムとかですか?」

「ジム、いいですけど、フォームが大事なのでトレーナーとかつけたほうがいいですね」

パーソナルトレーナー。。(お金かかりますね)」

「ただ、そうすると時間もお金もかかるので、継続的にやるとなると家で毎日やるのがよかったりするんです。こちらでも必要なトレーニングとか教えられるので!」

ここでもびっくり。自分を信頼しなさすぎなんだけど、何かをやるのは外で習って、、、というパターンしか思いつかなかった。ステラのジムウエア買って〜みたいなのばかり繰り返してる場合じゃない。家でやる。

 

教えていただいた肩甲骨を伸ばしたり縮めたり、のエクササイズ20回✖️2セットと、プランク20秒✖️2セットは毎日続けるつもりで、ここまで含めてのストレッチ料金とすればトータルで一週間をみていただいていることになるはず。今回言われてほっこりしたのは、お客様はとても小さい筋肉で大きな筋肉の方々と一緒に働いているんですからそりゃあ疲れますよ・・・!というお言葉で、徐々に大きな筋肉の人たちの仲間入りをして楽勝な一週間にしていきたいと思います。