kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

もうピノを食べるしかない

気付けば家にお菓子がない。パンケーキを焼こうにも卵はあるけど牛乳がない。焼こうにも、ってさっきパスタを食べたからパンケーキを焼く必要は全くなく、甘いものが食べたいという欲求があるだけで。

 

なんでこんな事態になったか思い起こすと、春くらいから家でお菓子を食べなくなった。正確にいうと、いただきもののお菓子がけっこうあって、それを食べるので充足していた。自分で買ったお菓子は放置されていつの間にか賞味期限が切れていたのでこの前全部捨ててしまった。コンスタントに買って食べるのは堅あげポテトだけみたい。

 

ぜんざいを作ろうかまだ悩んでいる。バルミューダで焼くお餅にも興味がある。でもちょっとそれは食べ過ぎな気がする。そういえば最近お腹が妊婦さんみたいに出てきてるし、夏なのに食欲は落ちないしやっぱり食べない方がいい。家でお菓子は食べていないのにお腹が出てくるなんてとても理不尽。

 

クロワッサンにチョコレートクリームくらいなら食べてもいいかな、と思いついたけど心頭滅却して我慢した。それは明日朝の楽しみ。ランチの時もピザと甘いパンを食べたかったけど我慢したことを思い出す。

 

賞味期限切れのポッキーは先週食べた。味の違いは分からなかった。ポッキーをいつ買ったんだっけ、と思い返して少し悲しくなった。ノリで買った食べ物は早急に食べてしまわないと後で傷つく。

 

冷凍庫に何かあるんじゃないか、と思いついたけど今日は台風効果であんまり暑くなく、私はかなり暑い日にしかアイスを食べたくならないので却下しかけて扉を閉めようとしたら上段引き出しに入っていたピノトリュフショコラがさっと出てきた。ピノ!!

 

ピノを買った時も、、、とかは考えなかった。ぺりぺりと包みをはがして口に入れる。美味しい!!サイズもちょうどいい!!!一つ食べて満足する。

 

ピノはいい。賞味期限とかがなくて1箱に6個も入っているし、ちょっとずつ楽しめる。一瞬前にココアを淹れようかと思ったんだけど、ここでも牛乳がないのが致命的だった。ちょっといいチョコレートは買ってあるけど、ハイカカオに目がいきすぎて正直あまり美味しくなかった。ピノがあって本当によかった。

 

アイスといえばハーゲンダッツの限定フレーバーとかを買いだめてあるのに、今の気分は断然ピノで、「ラクトアイスとか好きじゃなくて〜。アイスクリームじゃないと〜」とかいう理由でBen&Jerrysのアイスは買わなかった今まではなんだったんだろうと思う。

 

他にもこういうことはいっぱいある。「化繊はちょっと〜」「シリコン入りは〜」「自家焙煎じゃないコーヒーは〜」「氷入りの飲み物は〜」とか。っていうか今確認のためにパッケージを見たらピノはアイスクリームだった。なんという偏見。私の舌のレベル。いろいろとびっくり。こういう、なんかピンとこないだけなのに枠に入れて丸ごと拒否するのはすごく悪い癖で、直すことで世界を広げていかないといけない。

 

アイスクリームと知ってからもう一つ食べたピノはこれまでより濃厚な味で、出自を知ってから味わうとこうも違うのかと驚いてしまう。家にお菓子がないという話からだいぶ遠くに辿りついたのでお風呂に入って早く寝ます。