kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

To Doリストを完遂しない

しない、というか出来なかっただけなんだけど今日は本当にじっとしてばかりの1日だった。

 

史上最も早い?梅雨明けをしたのが金曜日で、気づけば家の温度計が30度を超えていて、エアコンをつけ始めた。土曜日は友達とランチして、『パンク侍、斬られて候』を観て、充実していた。強烈な映画だったから観てるだけで疲れてしまったのか。。

 

起きたら12時で、まだ起きあがれなくて13時までベッドにいた。ふつうの人なら起きて食べるご飯がブランチなんだろうけど、いつものトーストとコーヒーの朝ごはんの後、お昼ご飯にパスタを作って食べた。もう16時過ぎていた。飛ぶように過ぎる時間。

 

お洋服とかお布団とかシーツとかの洗濯が終わっていて本当によかった。掃除になかなか取りかかれなくてceroの「POLY LIFE MUSIC SOUL」をかけても椎名林檎の「アダムとイヴの林檎」をかけても「君の名前で僕を呼んで」のサウンドトラックをかけても聴き入ってしまって動けない。

 

眠いとか、動きたくないとか、そういう体が欲するものには従ったほうがいいって昔お医者さんに言われたことがあることを思い出し、腰を据えてじっとしていた。スマホの画面ばかり見てしまう。

 

限界に挑戦する日にすることにした。必要最低限(以下)のことだけ済ませて、お腹は空くから洗顔と歯磨きをして買い物にでかけた。もう20時くらい。

 

外がものすごく気持ちよかった。暑すぎず、風があって心地いいレベルの生暖かさだった。Tシャツにマキシスカートでちょうどよくて、見た目も大事だけど、お洋服選びで最高なのは天候と服装が完璧にマッチしたときだな、と改めて思った。

 

近くの小さいスーパーに行くことにして、店頭に並んだ桃を見てテンションが上がった。今年まだ桃モッツァレラを食べていない。冷蔵庫に白ワインビネガーがあるはず。久しぶりにモッツァレラチーズを買おう。ズッキーニが安い。この前まで148円くらいだったのに最近は98円。ミョウガや大葉も必要。キャベツもー、って見回っているうちにとても元気になっていた。レジの近くに堅あげポテトの四連ミニパックが売っていたのも嬉しかった。最近このスーパーはPBばかりになってしまっていたから。

 

お会計を済ませて外に出る。やはり風が気持ちよかった。食べたいものが決まると気力が湧いてくる。軽い足取りで家に帰った。

 

モッツァレラチーズは手でちぎる。今日見たレシピには桃の簡単な剥き方も載っていて得した気分になった。角切りにした桃もお皿に並べ、ちゃんと計量したオリーブオイルと白ワインビネガーとレモン汁をかけて、軽く混ぜて出来上がった。

 

去年食べたのより少し酸っぱかったけどとても美味しかった。食べたらますます元気になって、洗面所とキッチンのシンクを磨いたり、積まれていたDMをどんどん開封して処理したり、家事が少しずつ進んだ。もう22時頃になっていたけど。

 

動きたくて動けなかった午後の時間に無理やり動かなくてよかったと思う。寝っ転がってスマホでよく行くマッサージのお店を検索して、思い切って行ってみたら一気に元気になるかな、とかも思ったけど、じっとしてると体力が回復して、自然と動き出せるものみたい。

 

梅雨明けが早いということは夏が長いということみたいで、まだ始まったばかりの今日がこれだけぐったりだったんだから、しばらくは体力を温存する方向で過ごさなきゃと思う。ミニパックで試してみてとてもよかったクナイプの優しい感じの入浴剤とか、すっとする化粧水とか、水出しで美味しく抽出される麦茶パックとか、そういう夏のお供みたいな商品を早め早めに手に入れて備える。暑いのに毎日仕事に行くだけでえらい、休日は何もしなくて大丈夫、くらいのスタンスで夏を乗り切ろうと思います。『パンク侍』で一番印象に残ったのは北川景子の美しさと染谷将太の怪演で、お目当てだった綾野剛から少し目移りしてしまった。