kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

Beautiful Peopleのライダーズを着る人生

寒い。小寒。暦って本当に的確で、朝早く起きて暖房をつけているのに今でも手がかじかむほど寒くてあったかいお茶ばかり飲んでしまう。緑茶、ルイボスティーレモングラスティー、コーヒーをエンドレスリピート。必要性をあまり感じなかったサーモスのマグを初めて欲しいと思った。お茶がすぐにつめたくなるー。

 

12月末にカード請求がきて、飛び上がるほどびっくりしてしばらく身動きがとれなくなったというのに、友達のお誕生日プレゼントを見に行くだけ、リップを買うだけ、のつもりで入ったデパートでまたも運命の出会いがあった。

 

Beautiful People(今スペルに自信がなくてググったんだけど頭大丈夫かな)のライダーズに憧れはずっとあった。キッズと共有できる、をコンセプトにした小さめの作りがとってもかわいく、130, 140,150 ってサイズ名を聞いてるだけでなんかあったかい気持ちになる。

 

けど、ライダーズ。以前何度も試着したけど全く似合わなかったライダーズ。お店の人からもお世辞にもすすめられたことがないライダーズ。。これが昨日は奇跡的にいい感じに似合っていた。顔が変わったのか髪型のせいか加齢のせいか、似合うものって変わるのかな。しかも普段はセールにならないアイテムのはずが40%くらいオフ。

 

最初に着てみたのは130で、肩にマチ?が入っってなんとか肩は動くんだけど胸がつぶれている感じになった。でもかわいい。ハードなデザインなのに今まで着たどのライダーズよりも女性らしい雰囲気になる。欲しい。

 

このサイズでもいけそうですけど〜、と言われたけど140を出してきてもらった。最高のフィット感。この日はそこそこ厚手のニットにウールのパンツを着ていたんだけど、ぴったり、という感じ。150だとふつうのライダーズっていうか、このコンパクトなかわいさはなかなかでないかも、と言われて納得した。

 

スカートにも合わせたい、といったらおすすめを持ってきてくれた。パンツ合わせもいいけど、ハードなライダーズにはフェミニンなスカート合わせがやはり最高。久しぶりに「脱ぎたくない!!」という気持ちが強くなって買うことにした。

 

楽しかったのは家に帰ってからで、まず念頭にあった白のタイトスカートに短め丈の赤い8部袖ニットを合わせたらとてもかわいく、テンションが上がっていろいろなお洋服とコーディネートしつつのクローゼット大掃除がはかどった。キープ、zozoused行き、処分、などなどクリアになっていって気持ちもすっきりする。いつも適当でなんとかしたかった靴下合わせもいろいろ試して取捨選択した。

 

おしゃれになるには野宮真貴さんの「コーディネートごと買う」という提案はもちろんありだけど、銘品と言われているアイテムを投入して手持ち服を活性化させるっていう方向もあるな、と思う。ツイードジャケットとか、ジョンストンズのストールとか。いつかグッチのホースビットローファーも履いてみたい。

 

今日は朝早くから目が覚めて、それは出費プレッシャーにうなされたからで、登録だけして2014年から放置してたzaimを始めることにした。少なくとも今年は今までにどれだけのお金を使ったのかをリアルタイムで把握しながら生活していこうと思います。初日の出費だけでもう今月は何も買えない計算になっていて、ルミネへの立ち入りは2ヶ月後まで禁止。