kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

元気そうもなにもなくインフルエンザ

今年は本当になんなんだろう。過去のブログタイトルを読み返しても病気と体調の話ばかりじゃないか、、、。

 

インフルエンザA型にかかりました。

 

振り返って唯一よかったのは、熱がで始めた当日の対応。会社に行けなくもない微熱だったんだけど、なんかだるさがいつもと違う気がして念のため会社を休んだ。自宅で電話で業務対応とかあったけどじきに朦朧としてきて、体温も37.5℃、38℃、 38.5℃、ってぐんぐん上がってきたのでああこれはおかしいな、と思って19時すぎに病院の夜間受付に行った。欲をいえば日中の外来にかかっておくべきだった。

 

待ち時間はそんなになかったんだけど、担当した救急のお医者さんが微妙だった。症状的にインフルエンザだと思うけど(この時点で熱は39℃)、今インフルエンザの検査をしたら陰性だったから薬は出せない、朝またきて検査してほしい。具合が悪くなったら夜中でもまたきてください、って。

 

具合が悪くなったからきたのに具合が悪くなったらまたきてください!?!?!?

 

ってなったけどもうこの頃には身体中痛いし寒いし一刻も早く横になりたかったからはいわかりました、解熱剤は出してもらえないでしょうか本当につらいです、と言ってみたけど、解熱剤を飲むとインフルエンザの検査が陽性になりにくいよ?とよくわからないことを言われ(後日主治医の先生にこれは全否定されていた)、結局要は何も対応してもらえずに帰ってきた。3000円以上支払って。

 

家に帰って震えながら横になり、眠ることもできずに寝返りばかりうっていた。途中夜中に熱を測ったら39.5℃とかになっていてますますくらくらした。

 

朝になって、まだ熱は39℃あった。いつもの主治医の先生に電話をまわしてもらい、症状を伝えると今から診ましょうか、と言ってもらえた。診察してもらって検査をしたら当然のように陽性反応がでて、あっさりリレンザを処方してもらえた。この時点でもう治ったような気になった。解熱剤も一緒でほっとした。「救急にはなるべくかからないようにね」と言われた。

 

何も食べたくなかったので、帰り道に薬局でOS1を4本買って帰った。会社にインフルエンザだったことを連絡し、すみませんが5日間休みますと伝える。今とても忙しいときなのに快くお休みをいただけた。インフルエンザだから下手に出社しても迷惑だろうし、おとなしくしていることにする。

 

三日間は本当に寝たきりだった。寝ても1時間おきに目がさめるし、身体中が痛いし、頭が痛いし、少し食べると気持ちが悪くなって吐いてしまった。私が元気な頃はとにかく雨ばかり降っていたのに、インフルエンザを発症したころから天気がとてもよさそうで、お出かけも洗濯もしたいのにな、と残念だった。

 

プリン半分、とかから始めてうどんが1人前食べられるようになるまでに4日かかった。ようやく洗濯をする気力もでてきた。筋腫の手術のときも書いてたけど、パジャマが厚みのグラデーションで5着あるのは素晴らしいことだと思った。アマゾンでOS1 12本入りを注文した。24本入りは賞味期限が気になったので12本入りにしたんだけど、箱入りじゃなくてテーピングされたような包装で届いたので保管がちょっと面倒だった。

 

激しい咳がふつうの咳になって、鼻水が急に出るようになって、お腹をこわす頻度が少しずつ減って、ようやく回復に向かいつつある。今年は本当に病気をしては回復しての繰り返しで、なんかついてないのかな、とも思うけど、何度病気になってもちゃんと回復するっていうのは奇跡のようなことかもしれなくて、神社とかに行ったらむしろちゃんとお礼を言わなきゃいけないのかもしれない。初日に休んだおかげで職場でパンデミックを起こさずにすんだし。3日間ほとんど食べられなくてダイエット効果もあったし。あまりはりきらずに出社日を迎えようと思います。