kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

ルミネカード10%オフはお祭り

毎回踊らされて、ふと冷静になってみると本当に得だったのかな?買い物の量が増えただけなんじゃないかな?疲れて友達とお茶したお金でプラスマイナスゼロなのでは??っていうような疑問がぐるぐるするイベント、ルミネカード10%オフ期間がやってきた。

 

毎回戦略をたてて実行して後で反省をするんだけど、今回はとてもうまくやれたんじゃないかと思う。

 

棚ぼたというか、次のファンデーションの候補としてアディクションがあったので店舗を検索したらルミネの上の@Cosmeストアにあることが分かって、普段行かないフロアに行ってみたらクレドポーボーテのカウンターを見つけた。クレドポーボーテといえば以前も書いた話題のファンデーション:ル・フォンドゥタンが発売されて1ヶ月ほど経ったところで、3万円というお値段と10%オフという期間の相性の良さにちょっとだけ身震いがした。

 

店内は10%オフ目当ての女性たちでとても混雑していて、でもクレドポーボーテのメイクコーナーにル・フォンドゥタンの画像を見つけて凝視していたら店員さんが「ご案内しましょうか」と言ってくれた。

 

「ル・フォンドゥタンも売っていますか」と聞くと「ございます。ご存知なんですね!」と微笑んでくれた。よかったらお感じだけでもお試しください、といってカウンターに案内される。正直以前銀座シックス内にあるクレドポーに行ったときのゴージャス感は全くなく、カウンターの上は雑然としていて置いてあるティッシュもなんだか黄ばんだような色合いだったのが気になった。でもそんなことは言っていられない。なにしろ3万円の買い物だから、10%オフは大きい。

 

と、名より実みたいなことを言っているけど、普段の私は雰囲気重視派で、高いものほど買い物をする空間が大事、とか思っているんだけど、この時はなぜかモードが違った。買いたいものも気持ちもほぼ決まっていて、きっかけを探していただけという状態だったからかな。

 

今回の冒険はお値段もそうだけど、トーンを一段落としてもらった色味を買う、ということもあった。私は肌色が明るい方なんだけど、一番明るい色味でも一段濃い色味でもいける、と言われて、確か前に読んだメイクの本に、「ファンデーションは白く見せるためじゃなく、肌をきれいに見せるために塗るもの。迷ったらワントーン暗い色を」と書いてあった気がしてそうお伝えした。カバー力を期待するなら一段濃い色味ですかね、片頬におつけしてみましょうか、といってエプロンをかけられ、顔の半分をクレンジングしてもらい下地をつけてからファンデをのせてもらった。

 

一段濃い色味でも首から浮くことはなく、というか肌のアラが一切消えるようでそれでいてツヤも素肌感もあってその仕上がりにびっくりした。一目で購入を決め、お客様カードへの記入とかそういうのを片付けてレジに向かった。自分で。

 

デパートのクレドポーボーテなら座っている間に全てが完結するんだろうな、ってことが全てセルフで行われた。レジ袋はご利用ですか?という質問は3万円のお買い物にはあまりに不釣り合いで、思わず笑ってしまった。3万円のファンデーションはプラスチックの緑色のカゴに入れられ、クレドポーのスキンケアのサンプルも「すみません、袋が切れてて〜」と言ってバラのまま入れられた。レジに並んでいるとさっきの担当の店員さんが「袋が見つかりました〜」と言ってまとめてくれた。よかった。

 

ルミネカードでお会計を済ませ、@Cosmeの紙袋を持ってお店を出た。化粧品は気分が大事な買い物だから、ゴージャス空間で買った方がよかったのか、でもモノは一緒だからここは実をとって正解だったんじゃないか、なにしろ10%オフは大きい、と、ごちゃごちゃ考えながらエスカレーターに乗って一階まで降りた。この日東京は天気が悪くて、おやすみの日だったけど入り口近くのサボン以外はわりと空いていた。いつも買っている基礎化粧品を最低限の数だけ買い(まとめ買いは収納スペースに困るし、違うものを使いたくなった時に持て余すことが何度もあった)、何かを成し遂げた気分になってルミネを出て電車に乗った。今回は100点、という気持ちで。

 

振り返ることが苦手だった。そのときの気分で行動しがちで、だから振り返ろうにも「だってあのときはすごくそうしたかったから」以外の分析ができずに年を重ねてしまった。今年に入ってからちゃんと定量的に検証することをし始めた。難しいことではなく、例えば今回なら10%オフというのは金額のことだから、具体的にいくらのメリットがあるかを計算してから行動する、みたいな。「この機会に何かを見つけよう」じゃなく、「欲しかったものをこの機会に買う」が正解なのかも。お会計を待つ時間とか、そういうコストも全部考えつつ。そうなると重要なのが日頃から「今度これ欲しいな」と意識しておくことと、思い立ったらすぐに手に入れようとしないことかもしれない。とはいえ今回の10%オフ期間の成功はル・フォンドゥタンで美肌を手に入れることだから、そのためにスキンケアも頑張って食事にも睡眠にも気をつけて〜って日常が活性化される感じがまさにお祭りみたいで。