kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

ポケモンGOみたいな夏休み

『反脆弱性』をわくわくしながら読んでいたはずなのに、連休前日の私は本屋さんにいて、買おう買おうと思って保留していた本をせっせと集めていた。

 

買ったら負けかな(何が?)と思ってすごい気になってたのに買わずにいた『ボクたちはみんな大人になれなかった』、『LIFE SHIFT』、『勉強の哲学』をそれぞれの本棚から取り出して、最後に雑誌コーナーをみていたらもう数年読もうか迷っていた漫画の完全版を発見した。

 

渋谷直角さんの『奥田民生になりたいボーイ 出会う男全て狂わせるガール』。『ボサノバ』を読んで言いようのないショック?衝撃?を受けてしばらく漫画恐怖症になったくらいなので、今回も刺激が強すぎるんじゃないかとしばし迷った。でも表紙の妻夫木くんと水原希子ちゃんがあまりにも素敵で、勇気を出して買ってみた。タオルがついてた。

 

わかっていたことだけど読み始めると止まらなくて、もう一行一行があるあるっていうかいろんな感情を喚起して読み終わるとぐったり疲れてしまった。ツイッター画面のツイートひとつひとつのリアリティとか本当に半端ない。映画になるとどうなるんだろう。きっと観てしまいそう。『ボサノバ』よりは打ちのめされる感がなかったかも。読んでよかった。

 

本をせっせと集める前は、ジムのウエアを集めていた。今時ジムで何を着ていいのかよくわからず、ピラティスのようにふつーのパンツとTシャツでいいのか、本当にわからなくてミーハーだからアディダス✖️ステラマッカートニーのお店に行ってみた。

 

トレーニングやランニングだったら薄手とかメッシュ入りのTシャツがよくて、その下にカラフルなブラトップを着てチラ見せするのが流行ってること、パンツはぴたっとしたものにショートパンツを重ね着するのがいいこと、などを教えてもらった。確かに、女性誌のジムシーンなどでそういう格好をみたことがある。

 

4アイテムも着るのか、と思いながら試着してみたらとてもかわいかった。走るのが速そうに見える。コーディネートの勘がないので試着したものを全て購入した。そもそもがセール期間だったんだけど、アディダスの会員になったらその場でいろいろと割引された。

 

どちらの買い物もネットでも買えるんだけど、やっぱり目で見て試し読みして試着して店員さんのアドバイスを聞いてから買う方が納得感が高い気がする。一人でネットでみていたら、パンツ✖️ショートパンツの組み合わせとか思いつかなかっただろうし。本を集めていたときも、パラパラとめくってみてなんか違う、って買うのをやめた本も多々あった。

 

基礎化粧品を買うのもポケモンGOに似ている。ルミネの中で、シャンプー、クレンジングオイル、化粧水、クリーム、日焼け止め、ミスト状化粧水などなどをそれぞれ別々のお店で買っていく。こちらもネットで買えるんだけど、今月送料無料のショップが多くて迷ったけど、ルミネカードの5%オフを考えるとやはりリアル店舗で買った方が得な気がして。

 

この間、気がして、じゃなく、数値で把握しようと思い買った化粧品の総額から5%オフされる金額を算出してみた。その金額は私が買い回りが終わって疲れてお茶というか軽めの晩御飯をカフェで食べたお値段とぴったり一緒で、電卓を打ちながら、単純な得とか損とかじゃないのかもしれないなって。