kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

もう少しでお休みが

早起きは続いてるんだけど、夜寝るのがどんどん遅くなってきている。もうシャワー入って寝なきゃ、と思ってから数時間SNSをぼうっと見て気づいたら1時とか。

 

それでも目が覚めるのは6:30とかで、いよいよ朝型になったのかなと思う。復帰したら出社時間を早めてみようかな、と画策中。っていうか会社かー。来週からかー。あと4日かー。。って考えると暇だ退屈だ言っていたお休みがあっという間に終わってしまうとわかって寂しい。

 

朝起きて、今日何をしようか考えて、考え通りには体が動かなかったり、様子を伺いながら少し外出してコーヒーを飲んだり、の日々が終わってしまう。昨日は術後の診察の日だったんだけど、朝から昼過ぎまで3つの科を回って疲れ果ててしまった。こんなことでフルタイムの仕事は大丈夫なんだろうか、ととても不安。

 

先生に、3週間かけて休んだんだから3週間かけて復帰くらいのつもりでいてくださいね、と言われる。体に脊髄注射をして全身麻酔をかけてお腹を切ったんだから、体の防衛本能も働いて本調子じゃなくなるのは当然です、と。

 

もう3週間くらいになるけど、まだご飯が炊けない。お味噌汁も食べたくならない。冷凍してあったご飯は少しなら食べられるという感じ。打開策を考えた。うな重を食べに行った。

 

近所のうなぎ屋さんに行けたのはちょうど土用の丑の日で、お店の前には人だかりができていた。ひまなのでのんびり並んでいたら「暑いでしょうから」とプラスチックカップで冷たいお茶を出してくれて嬉しかった。うな重はとてもおいしくて、気づけばご飯も完食していたし肝吸いもいただけた。ご飯と汁物を食べられた。

 

お会計の時に1万円札しかもっていなかったのでいつものように「すみません」、というと「え、なんですみません?全然気にしなくていいんですよー。そんなことよりまたいらしてくださいね!」と声をかけられてまた嬉しかった。弱っているからか人の優しさがとても染みるこの頃。

 

1ヶ月前に注文していたソファがもうすぐ届く。今のソファはクッションがへたれてまるで木枠に座っているような座り心地で、私の入院中にお見舞いにきてくれた父がバラしていたんだけど、入院中私の部屋に泊まっていた母が父に「あのソファは座り心地が悪すぎる、なんとかしてほしい」とこぼしていたらしい。お母さんに1ヶ月遅くなってごめんねと謝りたい。

 

入院中憧れの場所だったセブンイレブンに行ってみた。セブンで雑誌を買いたい、と思い続けた数日間があった。昨日行ってみたセブンには買いたい雑誌が見つからず、悔しいので少し若い子向けのファッション誌を買ってみた。インスタ映え特集で勉強になるかも?と思ったけどみなさんのあまりのこだわりっぷりに驚愕して取り入れるのはあきらめた。

 

アラフォー向けの雑誌でもインスタ特集をみたことがあるけど、そこではいいねをもらうためにいいねをしまくるべし、みたいなことが書いてあった気がする。若い子向けの雑誌は、肌見せは肩か背中で、こういう背景/光を見つけたら撮る、ギャラリーにして見た時に適度に緑があるようにする、などなど、プロデュース的な観点で何枚も上手だ。

 

若い人のセンスはすごいな、と思っていたらぼうっと見ていたツイッターで藝大生が作った雑誌の存在を知り、フォローしてみた。クーリエも読み切れるか分からないけどその雑誌も読んでみたいな、と思う。こちらも誰かのツイッターでトマピケティが絶賛したと書いてあったので『貧困の発明』という本も買ってみた。休みが終わったら読み暇とかなくて、なんでこんな3千円もする本を買ってしまったのか、となりそうなのでできるだけこの数日で読んでしまわなくては。だいたい私のパターンは前半はのんびり、後半はいろいろ予定が入って慌ただしくなるな、と思うんだけどこれはもしかしたらみんなに言えることなのかもしれませんね。