kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

お部屋をリニューアル

今の家にきてもう6年も経つのに、前の家からとりあえず持ってきた家具がいくつもある。ソファは2009年頃に買ったものでウレタンがへたって、木枠の上に座ってるみたい。クッションを買い換えればよいのでは?と思い調べると、クッション2シーター分で8万円くらいする。

 

ソファを買い換えよう、と思い立ったけどソファは本当にピンキリで、しかも一生ものじゃないと考えるといくらのものが適切なのかまるでわからなくなる。サイズもよくわからない。ショップで見ると小ぶりでも家に置いてみると〜みたいなのは避けたい、、と思って、間取り図を持っていくと家具の配置を3Dシミュレーションしてくれるサービスを利用することにした。

 

まずびっくりするのは、6年も住んでいる家についての認識があまりにも曖昧なこと。サイズ感もぼんやりだし、床の色やカーテンの素材感もなんとなくしか答えられず、なにより部屋全体のテーマ(モダンとかナチュラルとか)なんて考えたことがなかった!物件を選ぶ時はあんなに厳しくチェックしたのにね。

 

片付けも断捨離もわりとしているのに部屋がごちゃごちゃしている印象があること、ソファをもう少し大きくして昼寝できるくらいの大きさにしたいことなどを話した。部屋をすっきりさせるには、ものを減らすのと収納を増やすことしかないと言われる。

 

ノーマークだったテレビ台を収納力の高いものに変えることを提案された。ちなみにテレビが何型かもわからない。ソファについてはいくつかお店を紹介していただき、テレビ台についてはショールームがないとのことで次回ご紹介いただくことになった。自分で見て回って、改めて購入の相談にいく流れ。

 

ソファはお目当てのものが見つかって、今はその型を一番リーズナブルに買う方法を調べている。テレビ台についても提案していただいたサイズで死ぬほど検索したけどぴったりのものは見つからなかった。ソファでご飯を食べるのに適した高さ=60cmのテーブルを探していた時も本当ーーーーーーーーーに存在しないんだな、と思ったけど(あきらめてオードリーの若林がアメトークで勧めていた高さ調節のできるテーブルを使っていたけど全然好きじゃなくて、今年初めにカリモクの店舗でぴったりのを見つけて衝動買いした)、そのくらい見つからない。高さはよくても幅が広すぎたり狭かったり色が安っぽかったり注文生産でとんでもなく高かったり。テレビ台についてはショップの人に教えてもらうのがよさそう。

 

3Dシミュレーションをしてもらっている時に、あることに気づいた。ソファとテレビ台とテーブルと洋服掛けを配置して、ここが狭いとか通行が困難とか言い合っていたけど、よく考えたらソファの後ろにはPCデスクとちょっといい椅子も置いてある。PCデスクは昔ドーム型のiMacを使っていた頃の名残で、今はプリンターを置いてあるだけ。ショップの方は「使ってないものは処分しましょう」と淡々とおっしゃる。

 

その時は身を切られるような思いになったけどこのブログもテーブルの上にMBAを置いて書いているわけで、昔使っていたからといって今も取っておく必要は特になかった。前の家で使っていた大きな鏡(3.11の時衝撃で吹っ飛んでベッドに着地していたのがトラウマ。今はテレビ台の後ろに立てかけてある)と一緒に粗大ごみ処理をした。問題はちょっといい椅子。

 

ちょっといい椅子はPCデスクで何かをする時に座っていたんだけど、今の家にきてからはこの椅子に座ると通行が困難なのでデスクにぴったりつけてカバン置きになっていた。座ってないから新品のようなクオリティで、アンティーク調の木枠に深い赤色の座面でいいものだと思う。お値段もけっこうした気がする。捨てる決心がつかない。

 

一気にやるのをやめて、まずはPCデスクを処分してみることにする。椅子は誰かが来た時に使えるかもしれないし、といっても、この椅子は油圧式?座面を下の台に差し込む形式で、持ち上げることができなかったり重たかったり取り扱いはいろいろと難しいんだけど。捨てちゃおうかな。。

 

テレビ台を変えたら部屋の雰囲気はだいぶ変わるだろうし、圧迫感がでたらどうしよう、などの不安がある。それでも今の状態に不満があることは事実だし、改善してみようという試みは価値があると思いたい。全体的にすっきりさせたい、家にいる時間を快適にしたい、カウンターの上のものをなくしたい、っていう漠然とした願いはソファをテレビ台の買い替えっていう具体策に落としこまれるわけだけどどうか成功となりますように。お部屋のテーマ、については未だによくわかっていない。