kate100s’s diary

百野毛糸の日記です。

このハゲーーーーー!の音声

どきどきしている。うちの父親は頭髪が薄くて、そのことを笑いに変えないタイプの人で、家庭内でその言葉は絶対に、絶対に口に出しちゃいけない言葉だったから。口に出したことはないしキーボードで打つのも多分初めてなんじゃないかな。

 

豊田議員の暴言騒動で音声が流れるたびに、心臓がどきどきしていた。絶対に言っちゃいけない言葉が大っぴらに流れる居心地の悪さは半端ない。

 

頭髪が薄いこと以外にもタブーはいっぱいあった。太っている人はふくよかな人だったし身長が低い人は小柄な人だったし、全体的に蔑称は口に出してはいけないし外見で人を笑ってはいけないというのを叩き込まれて育った。

 

大人になって、というかなる過程で、それが世間のスタンダードじゃないことをまざまざと知るようになった。いい大人が、友達が、友達の親たちが平気でそういう言葉を口にする。

 

うちに友達や従姉妹が遊びにくるとひやひやした。ねえなんで?なんであなたのうちのお父さんは毛がないの?とか、蔑称とか。とても嫌な気持ちになったし父親が嫌な思いをして怒り出さないかびくびくした。

 

学生時代はともかく、社会に出てからのみんなの遠慮のなさには本当にびっくりした。あと、自分で身体的特徴を笑いにすることが良しとされてることも知った。

 

そういえば母親は、外で散々言われているんだから家族の中くらいはそういう言葉は聞かせたくない、と言っていた。思いやりはとてもいいと思うけど副作用としては、いい子だな、と思っていた子がそういう蔑称を口にすると「あれ?この子は悪い子なのかな?」と思ってしまうことで、そういう視点でみていくといい子なんてほとんど残らない。

 

ニュースを見るたびに、父親がこのニュースを聞いたらどうしよう、と思った。週末母親に電話した時、その話題になった。母親は高らかに「あのハゲーーーーー!でしょ?」と言って笑っている。あれ?私の受けてきた蔑称禁止の英才教育は?とびっくりする。もっとびっくりすることに、父親は文字では見たが音声になかなか遭遇しなかったらしく、昨日の夜のニュースが始まる時は音声が!音声が!!と言って階段を駆け下りてきたという。

 

「聞いて、どうだったの・・・?」

「こりゃすごいなーって笑ってたわよー」

「・・・」

 

いつの間にか昼間にテレビを見ることは解禁されていたし禁止用語もなくなっていたみたい。私の中にインストールされた規範のやり場はどうなるんだろう。随分多くの人に期待して、期待を裏切られたりしてきたけど、少し緩めていいのかもしれない。ニュースのおかげで意外な変化に気づいてしまった。