読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂糖。少量。緊張。計量。

アリがくるのがとてもこわかった。前の前に住んでいた家は内階段のオートロックだったのに密閉性が低かったのか、気づいたら部屋の中にアリの行列がいた。もういい年だったのにパニックになり車で一時間ほどかかるところに住んでいる親に電話してしまった。アリコロリみたいな身も蓋もないネーミングの薬剤?を持ってきてくれた親は「もうしょうがないわね」と言いながら笑っていた。アリコロリがすぐに効いたのかどうか、覚えていない。

 

この時アリが砂糖の瓶をめがけてきていた気がして、実際どうだったのかはもう曖昧なんだけど、家の中に砂糖を置くことがこわくなった。それ以来スティックシュガーを使っている。

 

クックパッド有料会員になってから、砂糖を使う機会が増えた。自己流の料理だとほとんど使わなかった砂糖だけど、みなさんのレシピ、特に和食のタレ系にはよく登場した。その度にスティックシュガーを何本も空けながら軽量した。大さじ2以上になると面倒くささが増す。

 

八百屋さんでイチゴを2パック400円にしてもらった。意気揚々とカゴに入れて買ったんだけど、考えてみたら2パックのイチゴを食べるのは簡単ではなく、特に今は春眠暁を覚えずの時期だから朝イチゴを食べる余裕が本当にない。ジャムにしなきゃ。

 

ジャムのレシピを検索するとぎょっとするのが砂糖の量で、だいたい100gから、という感じ。スティックシュガーは一袋3g、50本入りだから全部入れてやっと150g。その本数を開封するのは無理なのでついに砂糖を買うことにする。スティックシュガーの前はブルガリアヨーグルトについてきていたグラニュー糖をためて使っていたけど、いつの間にかそのシステムはなくなっていた。

 

とにかく一番小さいサイズを、と探したけど近所のスーパーでは500gの上白糖が最小サイズで、保管がこわそうな袋入り。これじゃ絶対アリがくる。家にあるジップロックコンテナに入りますように、と祈るような気持ちで買って帰りジャムに入れる100gを取り分けてから投入すると、ぴったりの量だった。密閉成功。

 

スティックシュガーをやめてみると、今までよくあんなに面倒なことをしていたんだろうという気になる。砂糖を使うレシピの場合、分量を確認し、前もって開封してお皿に出しておく必要があった。鍋のそばであたふたするとコンロにこぼしてしまったり、濡れた手で触って袋がくしゃくしゃになってしまうから。今はジップロックの蓋を開け、大さじですっとすくうだけで完了。

 

そんな感じで快適な砂糖使用が始まったら、妙に甘い料理が完成することが増えてしまった。これまで砂糖はレシピを確認し、スティックシュガーをその分量分取り出し、空けてから余ると困るので過不足がないようにきちんと計算してから使っていた。今はざっと見てさくっとすくってぽんと入れている。2人分のレシピから1人分を作ろうとしていて、他の材料はきちんと1/2分を計量していても、砂糖だけレシピ通り入れてしまったり。

 

密閉容器は存在するしアリはこないし家に砂糖があることはふつうだしこれからはスーパーで買う砂糖がない、と途方にくれなくていい。小麦粉と砂糖があれば、ふと思い立ってお菓子だって作れる。それなのに砂糖を使うことに特別感があって、大さじを揺らさないように気をつけながらスティックシュガーの袋から次々と注いでいたころが既に懐かしい。このまま大容量の砂糖に慣れると、甘いものは特別なもの、という感覚が薄れて際限がなくなってしまうんじゃないか、みたいな不安も生まれている。それでも部屋中を甘い香りでいっぱいにさせながら作ったいちごジャムは粒がごろごろしてとても美味しくて、手間の割に出来上がりの分量はほんの少しだし、アオハタのジャムだって十分美味しいんじゃないかとも思うけどまた来年は作ろうと思うし、私のキッチンの砂糖が充実するきっかけを与えてくれた八百屋さんにはいつもながら感謝しかない。